SEN’s life

日々思ったことや気になったことを書いていきます。最低でも週一回更新(日曜日)。更新は夜7時

子供の学力は母親の学歴で決まる⁈

f:id:SEN1101:20180830230524j:image

 

 

 

どうもSENです。

「あー、なんで自分はこんなにも勉強が苦手なんだろう」と思ったこと皆さんにはありませんか?

自分にはありましたよ何回も。

そしてテストで悪い点を取れば両親から「もっとテスト頑張りなさい!次そんな点を取ったらゲーム没収‼︎」とも言われたと思います。

しかしこれからあなたは最強の文句を手にするのです。

それは・・・

「誰の子だと思ってるの?お母さんの子供だからこんななんだよ?」です!。なぜこのようなことが言えるのでしょうか?それを今から証明します。

 

(文部科学省が調査した全国学力調査テストをもとにして出てきた親と子の学歴の関係について一部紹介します。)

 

 

 

 

 

 

引用元

headlines.yahoo.co.jp

 

 

親の学歴と子の学力との関係性

保護者の学歴が高いほど児童生徒の学力が高い傾向がみられるが、より詳しく見ると、児童生徒の学力は父親の学歴より母親の学歴との関係性がより強く出ていることだ。

 中3の数学Bでは、父親の最終学歴が「高等学校・高等専修学校」のケースだと正答率は44・1%、「大学」になると56・55%に上り、その差は12・4ポイント。一方、母親の最終学歴が「高等学校・高等専修学校」だと43・4%、「大学」になると60・0%になり、差は16・6ポイントに広がり、父親の学歴にともなう差より拡大していることがわかるのだ。

 

 

 

親の単身赴任と子の学力との興味深い関係性

 17年度調査では新たに保護者の単身赴任と児童生徒の学力との関係も対象となった。単身赴任世帯は各学校で一定割合含まれることから新項目になったとされるが、結果は「父親が単身赴任している子供の学力は、そうでない子供より高い」という分析が導き出された。

 データでみると、小6と中3の全科目で、「父親単身赴任」の児童生徒の正答率がそうではないケースを上回り、特に、中3の数学Aでは3・9ポイントの差がついた。

 一方、母親が単身赴任しているケースでは、逆の結果がでた。母親と同居しているケースに比べて児童生徒の正答率は10ポイント程度低くなり、とりわけ中3の国語Bでは52・1%にとどまり、72・5%の同居ケースに比べ20・4ポイントも差が付く結果となった。

 詳細な分析説明がないためデータの意味づけは不明だが、さきほどの母親の最終学歴と学力との関係と合わせて考えれば、子供の学力に対する母親の存在の影響力をうかがわせて興味深い。

 

 

 

 

 

ご覧の通りです。やっぱり子への母親からの影響は大きいのですね。

冒頭で勉強で責められたら「誰の子だと思ってるの?お母さんの子供だからこんななんだよ?」と言うことができると言いましたが、これは最終奥義です。逃げの一手でもあります。

やっぱり自分の努力次第で親の学歴と自分の学歴なんて関係なくなるんです。自分は変えられるのです!

 

夏休みの宿題の読書感想文などをフリマアプリで完成品を購入するなどしている場合ではありません!自分のことはしっかりとやって立派な大人を目指しましょう!

 

 

 

すいません、こんな若造が生意気なことを言ってしまって。

それでは今回はこの辺で終わります。次回の投稿をお楽しみに!