SEN’s life

日々思ったことや気になったことを書いていきます。最低でも週一回更新(日曜日)。更新は夜7時

やる気スイッチをオンにする方法

f:id:SEN1101:20180904060449j:image

 

 

 

 

みなさんどうもSENです。

もう完全に涼しくなってきて、気持よくなったりして眠ってしまうことってありますよね?でも、仕事や勉強をしなくてはいけません。上司や学校の先生はそんなの許してくれませんもの。

そんな時にやる気が出たらなーって思いますよね。

そこで今回皆さんに私が実践しているやる気になる、いえ、自分をやる気にさせる方法をしょうかいします。

 

 

 

 

基礎知識

(人から聞いたり本で読んだものを思い出しながら書いているので間違っているかも)

まず、人の脳というのは出力よりも入力の方が力が大きい扱いであるということを念頭においておいてください。

どういうことかと言いますと、自分が〇〇について嫌いだと思っている(アウトプット)が顔は満面の笑み(インプット)である時、本当は嫌なはずなのになんか嫌じゃない!と気持ちが上書きされるのです。

そして、都合のいいことにインプットにはアウトプットほどの時間がかかりません。なお、早く対応すればするほど効果は大きいです。

 

 

 

楽しそうに振る舞う

基本知識とかぶりますが、勉強が嫌だろうがピーマンを食べたくなかろうがとにかく笑顔を貫き通してください。表情でダメな方は声を出しましょう。「勉強大好き❤」と、もちろん声のトーンは高く楽しそうにですよ。そうすれば、あれ?勉強楽しい!って勝手に頭が錯覚してくれます。

 

 

 

 

返事は0.2秒以内

こちらは、上にある通りです。返事は0.2秒以内です。

どういうことかというと、もし貴方が上司からこの仕事やっといてと頼まれました。すると貴方は頭の中で嫌だなと思いながらなくなく仕事に取り掛かることでしょう。

そうです!ここに鍵があるのです。上司に仕事を頼まれたら嫌だなとか考える前に瞬時に元気よく返事するのです。

なぜ0.2秒以内かって?

脳はアウトプットに0.2秒かからからです。つまりその0.2秒以内にお仕事最高!ってインプットしてあげるのです。(ブラック企業の方に推奨)

更に、最初に言った笑顔を組み合わせると自然と嫌なことに対する意識は薄れていき、楽しく作業することができるようになるでしょう。

 

 

 

皆さんいかがでしたか?自分でいつもやっている方法なのですがいざ言葉にするとかき表すのが難しくて、少々分かりにくいところもあることかと思います。

 

何か質問があればTwitterのDMかブログのコメントからどうぞ。

 

 

 

今回はこの辺で終わります。それでは次回の投稿をを楽しみに!