SEN’s life

日々思ったことや気になったことを書いていきます。最低でも週一回更新(日曜日)。更新は夜7時

セクハラ・パワハラ ハラスメント対策超後進国日本

f:id:SEN1101:20180918225554j:image

 

 

みなさんどうも、SENです。

 

 

いつまでたってもちょくちょく目にするハラスメントに関するニュース。いい加減目にするのがつらいです。職場をはじめとしたさまざまな社会の場で誰かがずっと我慢しながら生きていると思うと胸がつらくなってきます。ほんとに世の中って理不尽ですよね。

そして今回もとあるハラスメントについての記事を見つけたのでもう少し私のハラスメントに対する思いを詳しく書いていこうと思います。

 

(以下引用文)

世界中に“ハラスメント”の嵐が吹き荒れている。昨年アメリカで「#MeToo」をスローガンに、セクハラ被害に遭った女性たち――ハリウッド女優から一般女性にいたるまでが、加害者とされる著名な映画監督や俳優たちを次々と糾弾したムーブメントがあった。

 一方、日本でもセクハラ絡みの醜聞が絶えない。「セクハラ罪という罪はない」という発言まで飛び出し、スポーツ界でも繰り返しパワハラに関する問題がワイドショーを賑わせるなど、残念ながら日本はハラスメント対策において後進国と言わざるを得ないようだ。

 

引用元

ddnavi.com

 

ちょっと前の記事でも日本はハラスメント対策を急ぐ必要があると書きました。

実はお隣の国中国よりもかなりハラスメントに対する意識はおとっているようですよ。

詳しくは過去の私の記事からどうぞ。 

sen1101.hatenablog.com

 

今回この記事を書いているとよりいっそうその気持ちが強まりました。

もういっそもこと誰かめちゃくちゃ偉い人がセクハラなどで捕まってしまえば国としてももっと急いで対策をするかと思います。(こんなことはあってはならないけど)

 

国を挙げて対策するのも必要ですがそれぞれの企業・・・もとい個々が意識を高めるのが必要ですね。

もしくは被害者の方が自分で解決するすべを身に着けるか(ちょっと難しいかもしれませんが)

 

また、これはちょっと本文からそれるのですがスメルハラスメントなどあたらしいハラスメントが続々と増えてきています。

そしてそれらで訴えられるのはいつもおじさま方です。スメハラもそうです本人にもどうしようもできないようなことまでハラスメントにしたりとにかく何でもかんでもハラスメントだ!と叫ぶ今の風潮はどうかと思います。

 

 

今回の投稿はこの辺で終わります。次回の投稿をお楽しみに!