SEN’s life

日々思ったことや気になったことを書いていきます。最低でも週一回更新(日曜日)。更新は夜7時

警察の間でもセクハラ? 【読売新聞記事に物申す!】

f:id:SEN1101:20180923204943j:image

どうも、SENです。

 

またしてもセクハラ問題を取り上げようと思います。

 

 

 

(以下引用文)

女性警視、「ちゃん」付けで精神疾患…公務災害

警察庁に勤務する40歳代の女性警視が、元同僚の男性警視のセクハラを受けて精神疾患になったとして、同庁から国家公務員災害補償法に基づく公務災害として認定されていたことがわかった。国家公務員がセクハラによる疾患で公務災害認定されるケースは珍しい。

 女性警視は認定後の今年4月、精神的苦痛を受けたとして男性警視に損害賠償を求めて東京地裁に提訴し、現在、審理が行われている。

 この訴訟に証拠提出された同庁や人事院の内部文書によると、男性警視は2014年、関西地方の県警から同庁に転任し、女性警視と同じ部署に配置された。

 その後、女性警視が15年1月、「セクハラを受けている」と上司に申告。男性警視が女性警視を「ちゃん」付けで呼んだり、酒席や職場で卑わいな言動を繰り返したりしたと主張した。

 

引用元(全文はこちらから)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00050005-yom-soci

 

この記事を見て私はこう思った。

酒の席でセクハラをしたって言い分はわかる。でも職場でちゃん付で名前を呼ぶだけでセクハラって言われるのはちょっとそれはないんじゃないかと思います。

それだと日本中の職場からセクハラ被害が見られてしまいますし。(まあ人それぞれされて嫌なことは変わりますので)

まずそもそも日本に滞在している観光客も含めて日本に居る人々の安全を守るのが警察官であるわけなのでセクハラなど起らないようにするほか公務員である以上は自分に責任を持ち悪いことでニュースになることがないよう努めていただきたいです。

 

そして最後に、私はこの記事のタイトルはちょっとおかしいのではないかと思いました。

酒の席や職場での卑わいな言動を繰り返したのが明らかなセクハラ被害であるはずなのにタイトルでは、ちゃん付けがセクハラである。と言いたいばかりにちょっとズレてる感じがします。

 

 

問題定義に合ったタイトルの設定を行い、時間などが無くてタイトルのみを見た人に誤解を与えないようにしていただきたいです。

 

過去のハラスメント関連記事

www.senlife.work

www.senlife.work

 

 

今回はこの辺で終わります。次回の投稿をお楽しみに!