SEN’s life

日々思ったことや気になったことを書いていきます。最低でも週一回更新(日曜日)。更新は夜7時

【本を読まない子はバカになる】

f:id:SEN1101:20180921220701j:image

どうも、SENです。

突然ですがみなさん、本を読んでいますか?

月に2、3冊読む人もいればゼロの人、もしくは私のブログを読んでくれくれている人の中に速読の達人がいて月に数百読むと言う人ももしかしたらいるかもしれませんね。

 

そしてみなさん、その本を読むと言う習慣はいつから身につきましたか?

子供の頃からですか?それとも最近でしょうか?

多くの人が昔から先生や親に本を読みなさいと言われてきたと思います。

しかもその理由が本を読まないとバカになるからと言われてきたことでしょう。

子供ながらに「そんな訳ねーじゃん」と思っていましたが最近の調査でもしかしてそれはほんとうなのかもしれないと言うことがわかりつつあります。

 

こちらをご覧ください(以下引用文)

うち、平成29年度の小学校5年生から中学校3年生までの子ども達約4万人の「平日の一日あたりの読書時間(雑誌・漫画などを除く)」と「4教科(国語・算数/数学・理科・社会)の平均偏差値」を調べたところ、まず、読書を「全くしない」子ども達の成績が最も低いことが分かりました。

 そこから、「1~2時間」読書をする子ども達に至るまで、読書時間が長くなるほど成績が高くなり、読書を「全くしない」子ども達と読書時間「10分未満」の子ども達は成績下位層に含まれていました。つまり、成績上位層に行くためには、少なくとも1日10分以上の読書が必要だと言えるのです。

 

引用元

headlines.yahoo.co.jp

 

しかし本ばかり読めばいいというわけではないようです。

やはり読む時間が長くなりすぎることで勉強時間や睡眠時間が削られていき、思うように成績は伸びないかもしれません。

勉強と読書のいいバランスを保てば成績アップが見込めるわけですね。

 

普段私は月に二、三冊読む程度ですが、読む日があったりなかったりとけっこうばらつきがあるので毎日少しずつでも本を読むと言う習慣をつけていこうかなと思いました。

 

みなさんもこれをいい機会に本を読む習慣をつけましょう。

また、お子さんがいらっしゃる方、自分が子供の前で読者をすれば子供も読書をするようになるそうです。(子は親の行動を真似するので)

 

 

 

今回はこの辺で終わります。次回の投稿をお楽しみに!