SEN’s life

日々思ったことや気になったことを書いていきます。最低でも週一回更新(日曜日)。更新は夜7時

間違っているかも? あなたのダイエット

f:id:SEN1101:20181002072815j:image

 

どうも、SENです。

 

みなさんは何か秋の味覚をもう食しましたか?

我が家では、栗ご飯を食べましたよ。

 

 

秋は旬の食材がいっぱいあってついつい食べ過ぎてしまうこともあるかと思います。

 

食べ過ぎてしまった数日後体重を測ると

「あっ!2キロも増えてる!」なんてことになって急いでダイエットをする人もいるでしょう。

もしくは、女子高校生などの若者のように痩せたい願望が異常に強い人は食べすぎなんて関係なしにダイエットしているかもしれません。

 

 

そのダイエットの方法、ちょっと待った

 

 

多くの人が間違ったダイエットを食べてしているかもしれません。

今回は引用元の記事より2つ間違ったダイエットを食べて紹介します。

 

 

 

 

(以下引用文)

食べ物を制限すれば減量できる

 

イギリス健康保険サービスの減量部門の外科医で、健康と減量に関するパーソナルオンラインサービス「Vavista Life(ヴァヴィスタ・ライフ)」の創始者でもあるサリー・ノートン医師は、次のように話す。

「ダイエットに関する通説の中で、もっとも誤解されているのが“低○○”。低脂肪、低炭水化物、低カロリー、その他のあらゆる食事制限は、持続可能な減量には有効だと考えられていますが、それは誤りです。体はさまざまな種類の新鮮で未加工の食品を摂取するようにできていて、これこそが重要なポイント。私たちは、もっとそのことに焦点を当てるべきです。食べたら体重が減るという、夢のような、そして魔法のような食材や薬はありません。ダイエットは、持続可能かつ健康的な食事と運動があって初めて実現するものです」

 

 

誰かが成功したダイエットなら、ほかの人も痩せらせる

 

ビタミンサプリメーカー「Revive Active(リバイブ・アクティブ)」のディレクターを務めるダニエル・ジョーンズ医師はこう忠告する。

「ダイエット食品業界に次々と誕生する新たなトレンドについて、真実かどうか見極める目を養う必要があると思います。それが、然るべき方法で実施された大規模な研究によって裏付けられていない限り、もっと懐疑的な目で見るべきでしょう。覚えておくべきことは、栄養は誰にでも同じように効果があるものではないということ。すべての人間の個体は唯一無二で、同じ栄養的な刺激に対しても、それぞれ生理学的に異なる反応を示します。ですから、自分の体と向き合い、あなたの体や心に効果的なものを探してみてください」

 

引用元

headlines.yahoo.co.jp

 

やはり、ダイエットによって感じるストレスも人それぞれですし、人がお勧めといっても自分には合わない時もあるみたいなので、長期的にあまり辛くないダイエットをするのがベストなんですかね。

腹八分目にしてウォーキングをする事で簡単に摂取カロリー 〈 消費カロリー

にできます。

そもそも痩せれば可愛い、美しいという考えを改めて欲しいです。身体のバランスの美しさが整っている方がどれだけ痩せている方よりも美しいですよ。

 

今回はこの辺で終わります。次回の投稿をお楽しみに!

 

 

おすすめ記事

www.senlife.work

 

 

 Amazon

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット

 

 

楽天